【崩壊:スターレイル】ショートアニメ「永劫の輪舞」

二つの惑星がお互いの悲惨な運命を交錯させ、漆黒の太陽の周りで永遠の輪舞を踊る。
最初、惑星の一つは人類を生み出し、彼らは頭を垂らして足元の土地を「出雲」と呼んだ。そして再び頭を上げ、天上の世界を指して「高天原」と呼んだ。
記録にないある日、「八百万の神々」が高天原から降りてきた。神の名を持つ凶獣は空を傾け、海川を燃やし、大地を崩壊させた――人々は、それが支配や略奪のための侵略ではなく、ただ狩りのために来た凶神であることを悟った。
世界存亡の危機に際し、出雲は「神狩」の道を歩み、国を挙げて厄災「都牟刈神」を斬り、その獣体で「詔刀」の原型を作り上げる。
その刀に込められた真言を唱えることで、刀の所有者は高天原の神業を手にし、凶神に立ち向かって世界の民を救えるほどの力を得た。
これにより、出雲国は長い征討を開始し、無数の犠牲と引き換えに神々を倒し、万千の剣を折り、最後には十二振りの「世守の刀」を鍛えあげた。
残酷な生存戦争の中、出雲国は詔刀の力を借りて未開の暗黒世界を照らし、
十琥珀紀たらずで彩り豊かな国を建設した。かつては手の届かなかった高天神国もすぐそこにある――
しかしその瞬間、歴史は突如止まり、二つの惑星の存在は一夜にして灰となり、跡形もなく消えてしまった。
今や、辺境の星「出雲」の過去は、宇宙の断片的な言い伝えから推測するしかない。その消滅について、学者たちはさまざまな説を唱えたが、真相は誰にも分からなかった。
出雲の歴史は大河のように長かったが、一刀のもとに断ち切られ、過去も未来もすべて空虚の彼岸へと消えてしまった。
それは存在しなかったのか、あるいは単なる虚構の物語なのか?それは最初から起きていなかったのか、はたまた因果逆転の浜辺に漂流しているのか?それは「原始博士」による惨劇の実験の一つなのか、それとも「貪慾」が銀河の果てから戻ってくる前兆なのか?
答えを知っているのは、あの漆黒の太陽だけだったが、其は沈黙して、決して語ろうとはしなかった。
なぜなら、起こったことはすべて終わりに向かい、終わったことは再び起こるからだ。宇宙は星神の影の下で永劫回帰する。出雲はただの脚注の省略記号にすぎないのだ。

キャスト
ブラックスワン CV: #生天目仁美
黄泉 CV:#沢城みゆき

今すぐダウンロード
https://hoyo.link/dVDhFDAL

フォローして最新情報をチェックしよう
【崩壊:スターレイル公式サイト】https://hsr.hoyoverse.com/ja-jp/home
【崩壊:スターレイル公式Twitter】https://twitter.com/houkaistarrail
【崩壊:スターレイル公式TikTok】https://www.tiktok.com/@houkaistarrail_jp
HoYoLAB: https://www.hoyolab.com/accountCenter/postList?id=172534910

#崩壊スターレイル #スターレイル #ピノコニー #黄泉

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次